NEWS

2015.12.07

j会話英会話スクールのブログ風変わりなクリスマス風習

 

風変わりな、クリスマスの風習

Hello everyone, once again the festive season is upon us and it’s time for some serious end of year parties and yuletide fun. I hope everyone likes the Christmas decorations we have put up in Kensington, a special thank you to Aya for coming in on her day off to decorate the tree. Apologies for the squeaking bell ornament that was driving everyone crazy last weekend we are working to rectify the problem as swiftly as possible.
皆さんこんにちは。今年もはなやいだ時季、大変な忘年会と楽しいクリスマスの時季となりました。ケンジントンのクリスマスの飾り付けを、皆さんが気に入ってくれるといいなあと思っています。休日出勤してツリーを飾ってくれた、スタッフの彩には特にありがとうと言いたいです。(窓のイルミネーション飾りの、動く)ベルのキーキーという音には、お詫びを申し上げます。先週末はあれで皆頭がどうかなりそうでしたが、早急に改善するよう努めているところです。

Christmas in Japan never quite does it for me I’m sorry to say, it seems like a big lead up to nothing actually happening on the day and the idea of queueing up to buy KFC chicken on Christmas day was always a bit beyond my understanding…..until I found this list of weird Christmas traditions from around the world. There were originally 35 but in true Tim fashion I’ve picked the top 10.
日本でのクリスマスは、こう言うとなんですが、私にとっては必ずしも面白いものではなく、実際何もない日のための準備をしているように思え、クリスマスの日にケンタッキーフライドチキンを買うために列に並ぶという考えは、ちょっと私の理解を超えているというのが常でした……この、世界中から選ばれた、クリスマスの奇妙な風習リストを見つけるまでは。もともと35個ありましたが、ここではティムっぽく、上位10個を選んであります。

1: South Africa
On Christmas day the local delicacy is deep fried caterpillars of the emperor moth.
南アフリカ
クリスマスの日には、この土地の珍しいごちそう、揚げたヤママユガの幼虫が供されます。

2: Catalonia
There is a tradition known as the ‘Tio de nadal’ The pooping log! A log is decorated with a face and a blanket then thrown in the fire and beaten with sticks.
カタロニア(スペイン北東部。バルセロナがある)
「ティオデナダル」(うんちんぐ丸太!)として知られている伝統行事があります。丸太に顔を付けて毛布をかけてから、火の中に投げ込み棒で打ちます。

3: Norway
There is no cleaning on Christmas eve, all cleaning products are hidden away until after Christmas.
ノルウェー
クリスマスイブには掃除洗濯を一切せず、洗剤は全て、クリスマスが終わるまで隠されます。

4: Venezuela
In Caracas, everyone rollerskates to Christmas Mass.
ベネズエラ
首都カラカスでは、クリスマスのミサで皆がローラースケートをします。

5: Greenland
Some pretty unusual Christmas foods here, Mattak which is raw whale skin served with blubber, and Kiviak, which is 70 dead auk birds stuffed into a seal skin and left to ferment for 7 months!
グリーンランド
ここではかなり変わったクリスマスの食べ物が。マクタックは、生の鯨の皮が皮下脂肪付きで出されるもので、キビヤックは、70羽の死んだウミスズメをアザラシの皮に詰め込んで、7か月置いて発酵させたものです。

6: Ukraine
In Ukraine the traditional tinsel and baubles aren’t used to decorate the tree, they use fake spider webs instead.
ウクライナ
ウクライナでは、ツリーを飾るのに伝統的なモール飾りや宝石飾りは使わず、代わりにつくりもののクモの巣を使います。

7: Wales
Mari Lwydd is performed in some villages, a villager is chosen to parade through the streets with the skull of a mare on the end of a stick.
ウェールズ
マリ・スイードがいくつかの村で行われます。選ばれた村人が、メスのロバの頭蓋骨を棒に載せたものを持って、通りを練り歩きます。

8: Great Britain
An age old tradition that states every member of the family must stir the Christmas pudding in a clockwise direction before it’s cooked, making a wish as they do.
イギリス
長年の伝統で、クリスマスプディングに火を通す前に、家族1人1人が願い事をしながら、生地を時計回りにかきまぜることになっています。

9: Slovakia
In slovakia the most senior male member of the family takes a spoonful of Loksa pudding and throws it at the ceiling. The more that sticks the better.
スロヴァキア
スロヴァキアでは、家族の中で一番年長の男性が、スプーン1杯のロクシャ・プディングを天井に向かって投げます。多くくっつくほどよいとされます。

10: South Africa
Children are told the story of Danny a boy who angered his grandmother by eating all the Christmas cookies so she killed him. The grandmother’s spirit is said to haunt houses at Christmas time.
南アフリカ
子供達は、クリスマスのクッキーを全部食べておばあさんを怒らせ、おばあさんに殺されてしまったダニーという少年の話を聞かされます。クリスマスの時季には、そのおばあさんの魂が家に取り憑くと言われています。

So there you have it, actually KFC buying was on the list too, it said that the tradition began in 1976 when a powerful advertising campaign by the fast food chain convinced everyone that is was the place to be at Christmas.
ということでした。実はケンチキ買いもリスト入りしていたんですが、それによると、この風習は1976年に始まり、ファストフードチェーン・KFCによる当時の効果的な宣伝活動により、クリスマスに行くべき場所と誰もが思うようになったということです。

Have a great Christmas and new year everyone. I look forward to seeing you all again next year.
皆さん、よいクリスマスとよい新年をお迎え下さい。来年も皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

Jaimie
ジェイミー

2015.11.19

福岡マラソン

Jaimie’s Blog – Marathon

福岡マラソン

 

Did it.

やったぜ。

 

After 5 or 6 months of inadequate preparation I finally finished the Fukuoka Marathon.

5か月か6か月の、十分とはいえない準備ののち、ついに福岡マラソンを完走しました。

 

Thank you to the people who came to support me that was very kind and much appreciated. One of our kind students came to see me off at the start and another provided me with a much needed cola and some words of encouragement at the 30 km point. It’s a big shame that Tim couldn’t run this time due to an injury, hopefully we can do it again some time in the future.

応援に駆けつけて下さった皆さんに、お礼を申し上げます。とても優しいお心遣いに深く感謝です。私達の親切な生徒さん達の中には、スタート地点で見送って下さった方や、30km地点で喉から手が出るほど欲しかったコーラと激励の言葉を下さった方も。今回ティムがけがで走れなかったのは非常に残念です。いつかまた一緒に出場できればいいなと思っています。

 

I have never been so underprepared for anything in my life. I assumed that all the 20-25 km runs would accumulate to make it not so difficult to finish. This and my idiotic belief that I am superman made me run the first 30 km too quickly for my level and it took me almost 2 hours to run the last 12. A big thank you to the meteorological agency too who managed to predict the weather completely wrong, forecasting heavy rain all day when instead it was blazing sunshine all day leading me to dress completely wrong and leaving me with some serious sunburn.

人生で、これほど準備不足で何かをしたことは一度もありません。20〜25kmを何回か走った積み重ねがあるから、完走もそれほど難しくはないだろうと思っていました。この考えと、自分は超すげえ奴だというばかげた強い思い込みとで、自分のレベルにしてはあまりなハイペースで30kmを走ってしまいました。おかげで、残りの12kmを走るのに約2時間かかったという始末です。全く大はずれの天気予報をやらかしてくれた気象庁さんにも大感謝ですよ。終日大雨の予報だったんですが、ふたを開けてみればひたすら焼けつくような日差し。そのため、服装が全然天気にそぐわないものになってしまった上に、ひどい日焼けを負ってしまいました。

 

All in all though that was a pretty cool experience, I liked the encouragement from all the people watching from the side of the road, all the high fives and gaijin gambare certainly helped and I would probably do it again just to get the feeling I got at the end when I could see the finish line and people are screaming for you to make it. (I ran the last 750 metres or so as fast as I could to try and look cool)

とはいえ、大体のところはなかなかクールでイカした経験でしたよ。沿道で見守る人達からの激励がよかったですね。ハイタッチや外人頑張れの声援に助けられたのは確かです。遂にゴールが見えたときに感じた、あの感覚をまた味わうためだけに、おそらくまた走るでしょうね。頑張れ!と自分のために叫んでくれている人達がいますからね。(かっこよく見えるよう、最後の750mかそこらはなるべく速く走りました)

 

For sure the 35-40 kilometre section was maybe the toughest thing I’ve done so far, I had to stop a couple of times to because my legs were starting to shake, my feet were starting to blister badly and honestly I thought seriously about giving up more than once or twice.Then I noticed that almost all the people who were in the same starting block as me were running at about the same pace and seemed to be suffering the same as me, had a chat with a couple of guys from a running team and we made a decision to finish slowly but surely together.

35〜40km区間が、今までの経験で一番きつかったものと言ってもいいでしょう。2, 3回は立ち止まらなければなりませんでした。というのも、脚が震え出し、ひどいまめができてきたので、実際のところ、リタイアしようと何度も真剣に思いました。ですがそこで、スタート時に自分と同じブロックだった人達のほとんどが、自分とほぼ同じペースで走っており、自分と同じような状態で苦しんでいる様子であるのに気づきました。ランニングチームの人達の2, 3人と言葉を交わし、ゆっくり、でも必ずゴールしよう、と一緒に決めたのでした。

 

Had an interview for some local T.V station at the end too but I doubt it was used because I was feeling a little pleased with myself and I tried to be funny but quite possibly just came across as a little weird, the pretty announcer girl that interviewed me didn’t look pleased with my answers!

最後には、どこかの地元テレビ局のインタビューを受けました。ですが、採用されるかは分かりません。自分にちょっとばかり満足していたところで、愉快にふるまおうとしましたが、けっこうひょっとして、ちょっとばかり変に見えただけかもしれません。かわいいアナウンサーの女の子がインタビューしたんですが、私の答えを快く思っているようには見えませんでしたからね!

 

I’m not in as bad a condition today as I thought I would be and this will not be my last marathon I think, I can’t forget the feeling at the end. So I will look for another one to run in the near future and plan to take part in next year’s Fukuoka Marathon too so if anyone wants to join me let me know and let’s start training now, going by my performance this year I think the earlier the better.

今日は思ったほど悪い状態ではないし、今回が最後のマラソンになることはないと思っています。最後のあの感覚が忘れられませんからね。何か大会を探して近いうちに走ると思いますし、来年の福岡マラソンへの参加も計画しています。なので、もし私と一緒に参加したい方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さいね。早速練習を始めましょう。今年の自分の走りから考えると、早いに越したことはないと思いますので。

 

Jaimie

ジェイミー

戻る»

«次へ

このページのトップへ

  • レッスンについて
  • レッスン風景
  • 先生について
  • よくあるご質問
  • 生徒の声
  • 体験談

KENSINGTON英会話

お問い合せ

無料体験レッスン